トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

たべてみんせえ本舗



たべてみんせえ本舗は、兵庫県から京都府にまたがる夜久野高原・福知山市三谷で環境に配慮し安心安全なおいしい農作物を生産しています。
主に自然薯・にんにく・お米・新鮮野菜・露地イチゴなどに取り組んでいます。
ご質問、販売のお問い合わせ、ご要望などがありましたらメールお待ちしております。
メールの「確認」ボタンを先にクリックしていただきますと拡大します。

プロフィール

POCO_SATO

Author:POCO_SATO
たべてみんせえ本舗ネット店売り子のPOCO_SATOです。
農作物のことにくわえ、地域の情報やおいしもの、穴場なんかも紹介していきます。

よろしくお願いします。

カテゴリ

月別アーカイブ

カテゴリ:露地イチゴのエントリー一覧

  • ストロベリーフィールズ 2週間!

    ビートルズに’Strawberry Fields Forever’という曲があり、中学の頃「いちごは永年なんや」なんて単純に思ってましたが、実際に畑で栽培しますと、6月からランナー取りを開始し苗を10月ごろまで育て、定植したあと翌年の5月に収穫を迎えるのですが、収穫は約2週間ほどでピークが終わります。露地栽培のいちご畑は、1年がかりで育ててほんの2週間の収穫ですが、これがまた気候によって食味に大きく違いが...

  • ランナー ズ。

    ランナー、健康のために走りましょう-という話ではありません。3月4月がやや気温が低いこともあり、今年の露地イチゴの収量は、やや少なめでしたが、4月後半から気温が上がり、そこそこの糖度はありました。露地イチゴの収穫は、5月中旬、10日ほどです。ハウス栽培では、6か月ほどで収穫しますが、露地栽培は、約1年かけて収穫します。5月の収穫が終わると、株からたくさんのランナーといわれる「つる」が成長してきます...

  • うーん!甘くないな!

    う-ん!甘くないな!今年の露地イチゴは、例年に比べて糖度が低いと思い、神鍋山麓の3人のイチゴ農家を調査しました。どの方も今年のイチゴは糖度が低いと仰っていました。原因は、この4月の天候不良にあったと考えられるようです。昔、イチゴといえば、ミルクや練乳をかけて食べていました。いまほど、品種もなく、イチゴといえば酸っぱいものでした。今年の露地イチゴは、あまり甘くないですが、やっぱりハウスものとは、違っ...

  • 露地イチゴ、出荷はじまりました。

    神鍋山麓農場では、わださんが丹精込めて創られた露地イチゴの出荷が始まっています。昨日は、10ケースほど出荷されました。道の駅まほろばや、日高町の直売所にあります。そんな中で、このブログを見てお問い合わせいただいた方にも発送をしました。今月末までなら生産状況を見ながらですが、お分けすることも可能です。よろしければ、メールでお問い合わせください。お嫁入りするイチゴちゃん達です。...

  • ちょっと足踏みな春。

    3月の終わりごろは、暖かくなりそうで桜も早く咲いたりしましたが、4月になって嵐になったり、春冷えしたりて、春もちょっと足踏みしています。畑の作物も、ちょっと成長が足踏みしています。そんな中でも、露地イチゴは、順調に花を咲かせ始めました。このままうまく育ってくれるといいんだが・・・。...

全記事一覧

最新記事

カレンダー

11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Twitter

たべてみんせえ本舗を

メール

名前:
メールアドレス:
件名:
本文: